あなたの老後は大丈夫?

年金がもらえるのは68歳からになるかもしれない」

厚生労働省が示した年金支給開始年齢の引き上げ案の波紋が広がっています。

 

 

実は、厚生労働省内部では年金の支給開始を68歳とする案が検討されています。2011年秋、その案が公表されるやいなや国民からの猛反発を受けて、そのときは「中長期的な課題」として棚上げされましたが、専門家の間では「いずれは必要になる」との見方が広まっています。さて、これを聞いて、あなたはどう思ったでしょうか?

 

 

ウチは大丈夫。そう言い切れるのはきわめて少数派ではないでしょうか。実際、内閣府が実施している「国民生活に関する世論調査」(平成24年度)によると、「老後の生活設計について」が「日常生活での悩みや不安」のダントツ1位になっています

 

「会社を退職するのは60歳なのに、年金がもらえるのは65歳」

その間はいったいどうすればいいのか?

 

 

2013年4月から厚生年金の支給年齢が60歳から61歳に引き上げられます。4月以降に60歳になる男性が年金を受け取るのは61歳から。このため60歳で定年退職した男性が61歳になるまでの“1年間は給料も年金もない状況”に陥るおそれがあります。これを「年金の2013年問題」というのですが、年齢開始年齢の引き上げはこの後も段階的に続いていて、最終的には年金開始は「65歳」で統一されることになります。このような状況の中、多くの人が老後の生活設計の見直しを余儀なくされています。

 

 

もちろん、国も対応策を講じています。現行法では企業は従業員を何らかの方法で65歳まで雇用しなくてはいけません。しかし、仮に65歳まで雇用されたとしても、たいてい60歳以降は「再雇用」として働くことになります。そうなると当然、給与はガクンと下がる方が大勢いることでしょう。つまり、こんなイメージです・・・

生ゴミをしょりします!!便利でエコです!!

■家庭での生ごみ処理決定版!!
■バイオの力で簡単に生ごみ処理
■電気を使いません 優秀な微生物の働きで生ごみを有機分解。温度管理や消臭に電気を使う必要がありません。チップ材と生ごみがよく混ざり合うように中身をかき混ぜたり、微生物の活動に必要な空気を送り込むために、ハンドルを手動で回転させて中身をかくはんすることで高い分解率を実現しています。
■交換したチップ材は再利用が可能です。 チップ材は分解力を持続させるため、4~5ヶ月ごとに一度交換が必要です。エコパワーチップは全量ではなく半量の交換でO.K. 取りだした使用済みのチップ材は次回交換時まで適切に保管(養生)させることで数回再利用することができます。 初期の基本セットと交換用チップ材を組み合わせて上手に運用することで2年以上は新たな交換用チップ材を購入することなく使い続けることができます
【商品名】自然にカエルS 基本セット 【型番】SKS-101型 【セット内容】本体/チップ材(8L×2袋)/説明書/保証書/ふたカバー・きんちゃく袋(不織布製)/底敷ブロック(発砲スチロール製) 【本体サイズ】幅42.8×奥行28.3×高さ41.8cm 【本体材質】ポリプロピレン 【本体重量】約4.5kg(チップ材除く) 【処理方法】微生物処理方式(低温分解)
詳しくは、こちらまで ドキドキ
                ダウン

胃がんについて考える!!

胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞になったものです。細胞の分類としては、組織型(顕微鏡で観察したがん細胞の外見)のほとんどが腺がんで、分化度は大きく分類すると、分化型と未分化型に分けられます。同じ胃がんでも、細胞の組織型や分化度で治療方針は異なります。

 

胃がんは、粘膜内の分泌細胞や、分泌物を胃の中に導く導管の細胞から発生します。はじめは30~60μmの大きさで、年単位の時間がかかって5mm程度の大きさになるころから発見可能になります。そのため、胃がん検診などで見つけられる大きさになるまでには、発生から何年もかかるといわれています。
進行するに従い、がん細胞は胃の壁の中に入り込み、全体を包む漿膜の外に出て、近くにある大腸、肝臓、膵臓などに浸潤します。この外方向への進行の程度は、深達度(しんたつど)と呼ばれています。がんの種類によって、胃の内側へも突出するように進行するものと、水平方向に広がるもの(表層進展型)があります

胃がん発生については、多くの研究が行われており、いくつかのリスク要因が指摘され、喫煙や食生活などの生活習慣や、ヘリコバクターピロリ菌の持続感染などが原因となりうると評価されています。
食生活については、塩分の多い食品の摂取や、野菜、果物の摂取不足が指摘されています。また、ヘリコバクターピロリ菌については、日本人の中高年の感染率は非常に高く、若年層では低下していますが、感染した人の全てが胃がんになるわけではありません。現在、除菌療法が胃がんにかかるリスクを低くするという研究結果が集積されつつありますので、感染していることがわかれば、除菌療法が推奨され、定期的な胃の検診を受けることが勧められます。感染の有無にかかわらず、禁煙する、塩や高塩分食品のとり過ぎに注意する、野菜、果物が不足しないようにするなどの配慮が重要となります。